×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

冷え性について

冷え性は特に女性に多い症状でしょう。冷え性で悩んでいる女性の多くは春夏秋冬問わず悩まされている人が多いです。特に夏場の冷房で非常に寒く感じる女性が多いようです。原因は血行不良と知られています。血行不良などにより血液が末端まで行き渡らない状態が続くことで、指先が温まりにくくなり冷え性の症状を感じるようになるのです。冷え性はつねに指先が冷えた状態になっており、布団をかぶっていても冷たさを感じるため、寝つきも悪く体調を崩してしまう人も多いです。冷え性の特効薬は未だにないようです。しかし改善するための生活習慣などを身につけることができれば、少しずつですが改善していきます。基本的には血行不良対策をおこなうことが冷え性対策の第一歩となります。

冷え性の原因

冷え性の原因は血行不良ですが、それを招いてしまう生活習慣の改善が必要です。冷え性になりやすい服装とは、窮屈な服装です。最近ではスリムに見えるために細身の服装が流行っていますが、この服装では身体に圧迫をかけてしまいます。身体の圧迫が続くと、血行不良を引き起こしてしまいます。毎日着る服装から見直してみることも必要です。身体にやさしい服装を意識してみましょう。またエアコンも血行不良を招いてしまうこともあるようです。最近の完備された空調設備に頼っていると、身体に備わっている調節機能が上手く働かなくなることがあります。身体の機能の低下は、エアコンなどの当たりすぎによって引き起こされている可能性があるのです。運動不足でも血行不良を招きます。第2の心臓と呼ばれているふくらはぎの筋肉は心臓から送り出された血液を、末端にまで送り出しているのです。しかしこの働きも運動不足などより鈍くなることがあります。適度な運動は血流を良くして、身体の機能を回復させ、新陳代謝も活発化して血行不良の改善に効果があります。

食生活について

ファーストフード系の食物は、身体を冷やしてしまうだけでなく、血液の循環を妨げてしまう原因となることもあります。身体を冷やしてしまう食物の多くは、血液をドロドロにしてしまい、血行を悪くしてしまう原因となります。冷え性に悪影響を及ぼす、身体を冷やしてしまう食物の代表的なものをいくつか紹介します。ファーストフード、チョコレートなどの菓子類、たばこやご飯、うどんなどです。日本人の主食であるご飯は、過度に摂取することをしなければ問題はありません。ただファーストフードやお菓子類の食べすぎには、十分に注意しなければいけません。冷え性に良い影響を及ぼす、身体を温めることのできる食物の代表的なものとしては、にんじんやかぼちゃなどの野菜類、桃とかさくらんぼなどの果物類、とうがらし、にんにくがあげられます。身体を温める食物を定期的に摂取することで、身体の本来持つ機能を回復することができます。もし偏った食生活を送っているのであれば、今すぐにでも偏食を改め、冷え性を改善するために食生活を意識して変えましょう。